投稿日:2023年6月21日

タイヤの交換はいつ行うべき?劣化状態を正しく知ろう!

こんにちは!
373Garageと申します。
弊社は岡山県津山市に拠点を構え、中国地方のお客様を対象に自動車関連の板金塗装や一般整備、カスタム、代行車検などをご提供しています。
また、レンタルピットを準備している他、24時間対応のレッカーサービスもご利用可能です。
今回は、「タイヤの交換はいつ行うべき?劣化状態を正しく知ろう!」のコラムテーマに沿って解説を進めます。
ぜひ最後までご覧ください。

夏用タイヤの場合

タイヤ
夏用タイヤの使用を続け、残っている溝の深さが1.6mmとなると「スリップサイン」と呼ばれるマークが出てきます。
一カ所でもスリップサインが出たタイヤは道路交通法で装着・使用が禁止されます。
スリップサインが出たタイヤをそのまま使用すると、整備不良として処罰の対象となりますので、くれぐれも注意しましょう。
また、スリップサインが発生していなくても交換が必要になる場合があります。
それは、残り溝が4mm以下の場合と、使用開始から5年が経過している場合です。
残り溝が4mm以下になっていると、タイヤと路面間の水の除去・タイヤの駆動力や制動力・車の安定性やタイヤの放熱性などが確保できなくなります。
使用開始から5年が経過する場合、タイヤの素材であるゴムが経年劣化を起こしてしまいます。
以上のことから、夏用タイヤは基準を守って正しい時期に交換を行いましょう。

冬用(スタッドレス)タイヤの場合

冬用タイヤも夏用タイヤと同様に残り溝1.6mmが法律上で定められたタイヤの寿命となっています。
しかし、スタッドレスタイヤとして使用できる寿命の限界はもっと早く訪れます。
これは、氷雪路でのグリップ性が関係しているためです。
スタッドレスタイヤは新品時から50%摩耗すると、氷雪路でのグリップ性能が大きく低下してしまいます。
スタッドレスタイヤのトレッドパタンには、路面で雪が溶けた水を除去し、しっかりと雪や氷に覆われた路面をグリップするために、夏タイヤよりも細かな切れ込みが入っています。
この切れ込みが浅くなってくると、氷雪路でのグリップ力が低下し、スリップなどのリスクが増してしまいますので、50%の摩耗を目安にスタッドレスタイヤを交換するようにしましょう。

新規のご依頼をお待ちしております

各種アイコン・赤
津山市の373Garageでは、車やバイクに関するさまざまな整備・カスタムをお受けしております。
板金塗装はもちろんのこと、タイヤ・オイル交換やガラスコーティング、部分的なカスタムなど、幅広いご要望にお応えいたします。
施工後はお客様が長く安心してご利用いただけるよう、安全性と品質にも細心の注意を払って施工いたしますので、安心してお任せください。
自動車・バイク・トラックに関するご相談は、どのような内容でもお気軽にお寄せください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

373Garage
〒708-1205 岡山県津山市新野東53-1
電話:0868-36-3536 FAX:0868-36-3536

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

JA晴れの国岡山の代理店です!

JA晴れの国岡山の代理店です!

こんにちは!373Garageです。 弊社は岡山県津山市を拠点に、中国地方のみなさまに向けて、乗用車 …

スタッドレスタイヤの履き替えシーズン到来!

スタッドレスタイヤの履き替えシーズン到来…

「スタッドレスタイヤからサマータイヤへと戻すタイミングがわからない」そのような疑問をおもちの方も多い …

岡山県でのレッカーは373Garageにお問い合わせください!

岡山県でのレッカーは373Garageに…

「レッカーを必要としている」「迅速かつ安全に対応してくれる業者を探している」岡山県津山市やその周辺で …